ブログトップ
<   2004年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧
神戸のダックスくん 近況報告 その1
b0007167_21293965.jpg
保護中の神戸のダックスの近況報告です。元記事はこちら

ブラックタンの男の子で、歳は2歳程度、元の飼い主からいただいた名前はバリといいます。保護後、即動物病院にて健康診断しましたが、フィラリア・ノミ・ダニともに問題なく、血液検査も問題ありませんでした。大きさはうちのネロ(ベスト体重6.8程度)とエマ(ベスト体重4.6程度)の中間ほどですが、まさに骨と皮のみで、体重はなんと・・・4キロ・・・(T_T)うちの一番チビなジュリでも5キロ近くはあります。

保護した時には、父も一緒に立ち会ってくださった知人の方も、バリを見て泣いてしまうほどかわいそうな状態だったそうです。本当に死ぬ前に保護できてよかった・・・。


b0007167_2126597.jpgちょっと見難いかと思いますが、腰のくびれはくびれと言えないぐらいへこんでます。

流動食から徐々に食事に慣れさせましたが、食欲旺盛で何でもぺろりとたいらげてしまうほどです。心配していた便の状態も良好です。保護後、何日かは元気もありませんでしたが、本人はいたって明るく元気でヤンチャにしており、先住犬にも人にも甘えてはワガママをいい、とても仲良くしております。

保護が必要な子には、必ずといっていいほど病気やトラウマなど、何かしら問題がありますが、バリの場合は今のところ、トイレの訓練が出来ていないことと、人やワンコへのマウント(一人でマウントすることもあり)がひどいということ、筋肉がついていないため、ふらついて歩く、狭い場所に長時間いたため、左側に丸まる姿勢が固定されてしまっている程度です。

b0007167_21292664.jpgまた、人やワンコとのふれあいが全くなかったため、興奮状態が長く続いていたようですが、全くもって超元気!明るくてとても愛想がいい、性格的にはなんら問題のない、パワフルでタフなダックスそのもののようです♪(*^_^*)

保護当日にお風呂に入れてもらい、毛玉だらけだったコートも丁寧にカットしてもらいました。バリにもらいてが出来るよう、トイレのしつけも開始し、人の愛とワンコに沢山ふれあってもらえるよう、父の仕事場にも連れて行ってもらい、そこで従業員の方々やワンコたちに遊んでもらっているようです。

先日は散歩へも連れて行ったようですが、怖がることも吠えることもなく、きちんと横について歩けたようです。毎日沢山食べ、人とワンコとふれあい、生活するうえでのしつけも教えてもらっている最中です。本人が元気なことが、何よりの救いでした。

写真は保護当日の写真です。また、近況が届きましたらご報告いたします♪

よかったね!バリ!これから、いっぱい幸せになろうね♪(*^^*)



----------------------------------------------------
その後の近況報告
その2へGo! 元記事へGo!

里親募集記事へGo!
お見合いが決まりました!
リンク、トラックバック、里親希望応募など
みなさまのご協力、誠にありがとうございました!!

----------------------------------------------------




命の危険があろうとも、こんな状態がありつつも、現状では救助できることはまれです。この子が生きているうちに保護できたのは本当に幸いだと思います。このダックスについては、今後、何も問題がなければ落ち着いてから新しい里親を探す予定でいます。近況報告は追ってご報告いたします。

そして、どうぞ、みなさまへお願いがあります。今、こうしている間にも命の危機にあり、保護と温かい愛を必要とする、沢山の犬たちがいることを、こんな現実が他人事ではなく、身近な事件であるということを、沢山の方に知ってもらうためにも、リンク・トラックバックのご協力、また沢山のダックスを救出するためにも、寄付のご協力をお願い申し上げます。寄付に関しましては→のメニューをご覧ください。





必要であれば、どちらでもお好きなバナーをお使いください。

リンク先はhttp://withdachs.exblog.jp/またはhttp://withdachs.exblog.jp/826673/にてお願いいたします。

お見合いが決まりました!
リンク、トラックバック、里親希望応募など
みなさまのご協力、誠にありがとうございました!!

[PR]
by withdachs | 2004-10-29 21:36 |  以前の預かり日記
神戸のダックスくん保護
2004年10月19日トリマーナビさんの画像アップ掲示板近所のペットさんのペット掲示板にて、近所のダックスについて、食事・水をろくに与えていない虐待に値する管理をしているのではないかと思われる飼い主の姿を見ておらず、かろうじて生きている状態ですと心配した方からヘルプの書き込みがありました。

b0007167_19242284.jpg
○で囲ってあるところにダックスがいます。(クリックでもう少し大きくなります)この直後、超大型の台風が通過しましたが、それでもダックスはここにいて、寒さと飢えに必死に耐えていましたが、pinkの父が近所に住んでおり、話をしたところ、心配して見に行ってくれました。


中に飼い主がいるのに、インターホンを何度押しても、出てきません。周り近所に聞き込みをしたところ、どうやら飼い主は最近両親を亡くし(一人息子)、妻は一人娘を連れて離婚。その際に、ダックスも一緒に連れて行く予定だったそうですが、飼い主が一人では寂しいから置いていって欲しいと懇願され、置いていかれました。階下におじがいるものの、仲が悪いらしく付き合いはないとの返事でした。

いろんな事情が重なり、飼い主は無気力に陥り、昼間は出歩いて酒におぼれ夜中に帰ってくるという状態。無職なうえ、ガスは通っているものの、電気は何ヶ月も止められ、自分も毎日食べていけるかどうかの生活をしていたようです。

隣のマンションの方の協力を得て、ベランダ越しにダックスを確認したところ、やはり元気は全くなく、これは緊急を要すると判断した父は、夜中に一度訪れ、次の日、昼から張り込みをしたところ、やっと飼い主と接触することが出来ました。


b0007167_20105632.jpgこの悲惨な光景が分かりますでしょうか。○で囲ってあるのがダックスですが、ゲージに入れられたまま、トイレスペースも何もなく、汚れて濁った水溜りなのか、尿と糞なのか、これを飲んで生き延びるしかなかったかと思われます。写真の提供は全て第一通報者のかぐねさんから、許可を得て掲載しております。


どうも階下のおじが元妻へ連絡を入れてくれたらしく、飼い主の隣には、元妻がおり、ダックスを連れて行くとキャリーを用意しておられたようですが、飼い主は断固拒否。ダックスをあんな扱いをしていても「こないだパンとハムやったわ!」と元妻に渡す気が全くなかったようです。

近江八幡の例があるように、今の法律では、飼い主が拒否、または食事・水をきちんとやっていると一言いってしまえば、警察や保健所も強制的に保護することは出来ません。散々騒いで、マスコミに訴え、騒ぎが大きくなって、やっとメンツがあるために、動いてくれるという程度です。この事件も、一番最初に近所から保健所へ通報があった時点で解決を考えていれば、何人かは生きていられた子もいたかもしれません・・・。事実、通報があって現地へ向いた保健所の職員は、事情を少し聞いた程度でしっかり現状視察、飼い方の指導をすることなく帰ってしまっています。


この飼い主自身にも事情はあったかと思いますが、そのために犬を犠牲にしていいとは思えません。


ダックスの状態から、警察や行政との立ち入りの手続きをふみ、保護のお願いをしている時間はないと考えた父は、よくよく聞いてみると元妻も犬不可のところに住んでいるため、飼い主に自分も生きていけるかどうかの状態では、ダックスが重荷になってしまっているのではないか。こちらはボランティアで保護をしているものだから、しっかりと幸せになれる里親先も探すと説得し、24日の日曜、やっと飼い主と元妻の承諾の下、無事に譲渡することが出来ました。


命の危険があろうとも、こんな状態がありつつも、現状では救助できることはまれです。この子が生きているうちに保護できたのは本当に幸いだと思います。このダックスについては、今後、何も問題がなければ落ち着いてから新しい里親を探す予定でいます。近況報告は下のリンクからどうぞ。

そして、どうぞ、みなさまへお願いがあります。今、こうしている間にも命の危機にあり、保護と温かい愛を必要とする、沢山の犬たちがいることを、こんな現実が他人事ではなく、身近な事件であるということを、沢山の方に知ってもらうためにも、リンク・トラックバックのご協力、また沢山のダックスを救出するためにも、寄付のご協力をお願い申し上げます。寄付に関しましては→のメニューをご覧ください。



----------------------------------------------------
その後の近況報告
その1へGo! その2へGo!

里親募集記事へGo!
お見合いが決まりました!
リンク、トラックバック、里親希望応募など
みなさまのご協力、誠にありがとうございました!!

----------------------------------------------------





必要であれば、どちらでもお好きなバナーをお使いください。

リンク先はhttp://withdachs.exblog.jp/またはhttp://withdachs.exblog.jp/826673/にてお願いいたします。

お見合いが決まりました!
リンク、トラックバック、里親希望応募など
みなさまのご協力、誠にありがとうございました!!

[PR]
by withdachs | 2004-10-29 20:24 | ボランティア活動日記
このカテゴリについて
「犬と幸せに暮らすために」の、このカテゴリでは、Happy living with dachs、ダックス(犬)と一緒に幸せに暮らすためのポイント、しつけ、訓練などについて載せていきたいと思います。

はるか昔から、私たち人と犬たちは共に協力し合い、共に喜び、笑って幸せを分かち合い、悲しみを共に乗り越える、強い絆で結ばれた、互いに愛すべき友でありました。

私たち人と犬との暮らしが幸せいっぱいで、笑顔と愛にあふれた生活になるよう、問題を抱えている人たちや、初めて犬を飼おうと思っている方へのアドバイスを記していきます。

主な項目は、仔犬を選ぶところから、しつけ、健康管理など。また成犬でも、困っている悪癖などの訓練の仕方などです。


犬は、賢い動物ですから、言葉をかければかけるほど、あなたが愛と笑顔で接すれば、毎日ぐんぐん成長していきます。このカテゴリで、犬が学ぶことだけでなく、あなたも愛犬にどう接したらよいのか?を学んでください。

みなさんと愛犬が、幸せと笑顔に満ち溢れた暮らしとなることを願って。


このカテゴリにてアドバイスをする担当はpinkですが、pinkは訓練士の資格を持っているわけではありません。成犬(超大型犬5歳)から訓練を始めたり、自宅出産で生まれた子の訓練、野生育ちで保護され人や他の犬を噛む成犬(中型犬4歳)の訓練、超大型犬2頭と中型犬1頭、小型犬3頭の多頭飼い程度の、自己の経験などによる記述ですので、全ての犬たちにあてはまるとは限りません。
[PR]
by withdachs | 2004-10-24 00:10 | 犬と幸せに暮らすために
このカテゴリについて
「こんな時はどうしたらいい?」の、このカテゴリでは、レスキューやボランティア、迷子・保護などに関するQ&Aを載せていきたいと思います。


もし、あなたの愛犬がふとした事故で迷子になってしまったら??

もし、あなたが迷子と思われる子と出会ったら??

あなたは、一体どうしたらいいと思いますか・・・?


もし、あなたのご近所で飼っている子に、ご飯も水も与えずに虐待に値する扱いをされているのを目撃したら??

もし、あなたが迷子の子や捨てられていた子、死に至るほどの虐待をされている子などを保護したら??

あなたは、一体どうしたらいいと思いますか・・・?


そんな場合、どうしたらいいのか、意外に考えも付かないと思います。そんな時に、どう行動するべきかを、このカテゴリで紹介していきたいと思います。
[PR]
by withdachs | 2004-10-23 23:47 | こんな時はどうしたら?
kumからご挨拶
b0007167_23365776.jpg
■□ プロフィール □■

HN kum++くん++
好きな犬種 ダックスフンド
本家サイト
 eau de cologne With Nana&Mana &Towa++車高短倶楽部++

みんなHappyになれますように・・・

■□ My dogs □■
□■장남■□    name eau_de_cologne
Eldest son      birth 01.15.2000
             Sex  ♂
□■장녀■□    name mana++愛++
Eldest daughter   birth 03.20.2002
             Sex  ♀
□■차녀■□    name towa++永遠++
Second daughter  birth 01.01.2004
             Sex ♀
[PR]
by withdachs | 2004-10-05 23:48 | 挨拶